スポーツ指導の向上とは、いかに知識と指導経験の引き出しを増やすかにかかっています。

私は、選手に指導した時に、必ず感想と感覚を聞きます。

「今の指導で何か変わった?わかりやすかった?」
「動きがすごい良くなったけど、どんな感覚?」

これらを繰り返すことによって、他の選手を指導するときも、

「この選手を指導するときはどういうアプローチがいいのだろうか?」
「こういう感覚って言う人もいるね」

など、指導の幅が広がっていきます。