コロナの影響で、夏の甲子園も中止となりました。

メディアではどうしても甲子園ばかりが取り上げられてしまいますが、中学生の大会なども、軒並み中止となっており、頑張って練習してきた選手たちにとっては非常に残念な年となってしまいました。

コロナ自体はインフルエンザのように、時期によって消滅するわけではないそうなので、ワクチンができて全員が抗体を持つ必要があるとか。

学校も、すぐに何十人も教室にいっしょにいるという状況は難しいでしょう。また、長期の休校により生活リズムが崩れ、不登校も増えることが懸念されます。
向こう一年間、部活動やその他のスポーツ活動が元通り活発に行うことは難しいという話も出ています。
授業内容の確保のために長期休みがなくなるというのも問題です。例えば、いじめなど、様々な問題を学校で抱えている生徒が、リセットする期間が無くなります。

今までのように、スタジアムに行って何万人もの人間が盛り上がったり、ライブコンサートに行ったり・・・。そういうことも、当分難しくなるでしょう。

経済的なダメージは様々な分野に広がり、貧富の差はより拡大しそうです。

9月入学の議論も活発になるなど、コロナは社会システムを大きく変えるきっかけになっています。
会社に行って顔を合わせて仕事をする、学校に行って授業を受ける。そんな今まで当たり前だった生活は、当たり前ではなくなるのかもしれませんね。